いつぶりのブログやねん!って話ですが、多くの人に知ってもらいたい&個人的に嬉しい

ということでタイトル通り『日本ラグビーリーグ協会がIRLに受理』されました!
ダウンロード


リンクはこちら

まずIRLとはなんぞや?って話だとおもうんですけど、IRLとはInternational Rugby League
つまりはラグビーリーグ全体の世界的な組織です。

え?じゃあ今まで日本ラグビーリーグ協会は認められずに活動していたの?
って話だと思うんですが、、、、そうです(笑)

ただ、これには色々ありまして、この全体を総括する組織がワールドラグビーリーグ?的な名前でこの前まで存在していていたのですが、今回見直しということで新たにIRLとして立て直しを図ったというわけです。

そして、そのIRLに加入する基準を新たに設け、基準に達しているチームから徐々に加入してるような状況です。

基準は主に、①国内リーグがきちんと行われていること
②女子や子供むけのアカデミーが行われている
③登録選手数、チーム数
などが判断基準のようです

なのでこの前まで、ラグビーリーグワールドカップでベスト4に入ったトンガがIRLに認められないという珍事も起きました(笑)

理由はトンガ国内のラグビーリーグ組織が整備されていないということです。
トンガやサモアなどの島国チームのトップ選手は、ニュージーランドやオーストラリアにいることが多いですからね。
国の規模で見ても先進国と比べちゃいけない部分もあるんじゃないかと。。。

ですが、現在はきちんと加入でき問題ないようです!

話は戻りまして、日本ラグビーリーグ協会も今回めでたく受理されました!
さて、これで何が変わるかと申しますと、、、

『ワールドカップ予選に』出場できる!
これです、これはかなり大きいです!
2018年に行われたエマージングネーションズのようなワールドカップに出場できない国の大会しかエントリーできなかったのが、今回ワールドカップ出場も夢ではなくなってきました!

ただ、今後の状況次第ではダメって言われる可能性もないわけではありません。
ここは日本国内でラグビーリーグがどれだけ盛んに行われているかにかかっています!

なので、僕としてのミッションは国内でとにかくラグビーリーグをしてくれる人を増やす。

そして『ラグビーリーグワールドカップの予選へ出場、本戦への出場権を勝ち取る』


これですね。

ちなみに2025年のラグビーリーグワールドカップはフランスで行われる予定です!

4年後です!

自分35~6歳(笑)
まーハーフバックは比較的、年齢いってる選手多いし何とかなるでしょww
むしろ、それが経験値として評価されるポジションだし!

というわけで、2025年ラグビーリーグワールドカップへ向けて

ラグビーリーグを盛り上げていこうと思うのですが、僕の小さい頭では難しいので皆さん是非協力をお願いします!!!!!

このブログやTwitterなどでアイディアや考えなどを共有できていければなと思います。

------------------------------------------------------
◆Twitter
始めました!高頻度でつぶやきます
◆Instagram
フォローお願いします☝
◆Youtubeはこちら
ちゃんねる登録おねがいします☝
◆アイランドスタイルトウキョウ
・ラグビーとアロハシャツのセレクトショップ☝
☝クリックするとGoogleMapへつながります
◆YBC SPORTS WEAR