今回の13人制ラグビーリーグスター選手紹介編③はソニー・ビル・ウィリアムズ選手です!
もはやラグビー好きの方なら説明不要かもしれませんが、ご存じニュージーランド代表オールブラックスのスター選手!
彼もまたラグビーリーグ出身の選手でラグビーリーグで培ったタックルを受けても立ったままボールをつなぐオフロードパスはソニー・ビル・ウィリアムズの得意プレーとし世界を魅了し続けています


1985年8月3日生まれ ニュージーランド、オークランドで生まれたサモア系の選手
身長194cm108kg
名前の頭文字をとってSBW
13人制ラグビーリーグでのポジションはプロップ、ロック、セカンドロー
15人制ラグビーユニオンではセンター
そしてリーグではフルバックから背番号1で最後がロックの13番
ユニオンではアウトサイドセンターで13番なのでどちらでも背番号13をつけることになります。

さてさて名前の発音をカタカナで訳すとソニービルなのかサニービルなのかはさておいて
46456327_2085842838133360_773904994515550208_n
まずイケメンです。、、、はい笑笑

ソニービルウイリアムズ1
そしてこの鍛え上げられた筋肉
これでラグビーも上手なんだから完璧。
IMG_2998

2015年のニュージーランドでのラグビーワールドカップでソニー・ビル・ウィリアムズ選手のラグビージャージが破け新しい物と交換する際にグランドで破けたジャージを脱ぎ上半身があわらになった瞬間!!
会場いやニュージーランド中が黄色い声援に包まれたとか、、
何にせよ女性人気ナンバーワンであることは間違いなさそうです

そんなソニー・ビル・ウィリアムズ選手はオークランドで13人制ラグビーリーグの選手だった父の影響で少年時代からプレーし2004年18歳でNRLのカンタベリーブルドックスと契約を結びパラマタ・イールス戦でデビューしその年にチームは優勝、さらにインターナショナルニューカマーオブザイヤーに選ばれ一躍13人制ラグビー界のスター選手となります。
IMG_2999


しかし2007年に2012年までの5年間250万ドルで契約を結んでいたが2008年に急遽フランスのトップ14のチームRCトゥーロンへ移籍します。ここから彼の15人制ラグビーユニオンの道が始まります。
さらに2008年はイスラム教への改宗を発表し世間を話題を集めました。


そして当時RCトゥーロンの監督だったタナ・ウマガと親交を深め2010年RCトゥーロンからの引き留めを断りニュージーランドに戻りニュージーランド協会と契約しカンタベリー代表としてプレーし優勝。
念願だったオールブラックスに選出されました!

そして2012年には何と日本のトップリーグのパナソニック・ワイルドナイツでもプレーしています
日本代表の山田選手と楽しそうに定食食べています

2013年から2014年シーズンでは13人制ラグビーリーグに復帰、NRLシドニールースターズと契約を結びます。
契約金の高いチームを渡り歩いたことからマネー・ビル・ウィリアムズ何て呼ばれたことも、、、
cf29eec6c247c22b3079b8d83a80e65c

しかし翌年2015年のラグビーワールドカップでのオールブラックスでのプレーを熱望しスーパーラグビー、チーフスに移籍。
オールブラックスにも選出され見事ワールドカップ優勝の快挙を遂げます。
sbw_3447015b

ユニオン、リーグと二つの顔をもつソニービルですが何と体感トレーニングとしてやっていたボクシングで2009年にデビューしプロボクサー相手に2ラウンドTKO勝利を決めています
その後もクライストチャーチ地震の復興イベントでチャリティーマッチを行うなどしましたがラグビー専念のため現在はボクシングは活動休止中といったところです。
article-2097633-119F852D000005DC-508_468x327

2016年のリオデジャネイロ・オリンピックから7人制ラグビーユニオンが公式競技になったことでプレーを熱望しメンバーに選出されるも初戦の日本戦で負傷しリオデジャネイロオリンピックを一試合で去ります。
試合は日本が勝利し2015年のラグビーワールドカップに続き最高の番狂わせ再びと、取り出さされました。


2019年ラグビーワールドカップで選出されるのか?結果を出せるのか?
その後13人制ラグビーリーグへの復帰はあるのか?
ニュージーランド国内でも年齢的な衰えかプレーの質が落ちていてオールブラックスから外れる可能性があるとも言われており、2019年お騒がせ男の真価が問われます
そんなお騒がせ男ソニー・ビル・ウィリアムズの去就がとても気になります。