13人制ラグビーリーグ選手紹介編

この選手ラグビー好きなら一度は見たことあるのではないでしょうか?
IMG_2915
彼の名前はショーン・ジョンソン
ニュージーランド🇳🇿のオークランド出身のプロラグビー選手
1990年9月生まれの身長179cm 体重89kgでポジションはハーフバックかファイブエース

はい!まずここです!↑ラグビーユニオンではハーフバックというと田中史朗選手や流豊選手で背番号は9番ですよね!
IMG_2919

ラグビーリーグではハーフバック、ファイブエースはラグビーユニオンでいうところのスタンドオフ(背番号は10番)

なのでスタンドオフが2人いるイメージ
ユニオンでもセンターやウィングは2人いますよね!

さらにハーフバックが背番号7番ファイブエースが6番
これがややこしい!
ラグビーリーグはフルバックから背番号を数えるんです!
だからフルバックの選手が背番号1番を着る
プロップじゃないですよ!笑

なのでショーン・ジョンソンは背番号6か7を着ることになります
よくYouTubeのコメント欄とか見てるとスゲー!ニュージーランドはフランカーでこんなキレキレのステップきるのかよ!異次元だな!
と書いてるのをよく見ますがこれは勘違いで彼はバックスの選手です!
もちろんニュージーランドにはフランカーでも鋭いステップをきる選手もいるし彼のステップが異次元です!


キレキレですね!!
ステップのキレもすごいですが状況判断の良さも素晴らしい!
パス、ラン、キックの中から相手の体の向きや人数、スペース、フェイズを確認してからその場で最適なオプションを選択。
状況判断がいいからステップも思い切りきれるんですね!

この状況判断とステップ、パススキルを磨いたのがタッチラグビー
元々はラグビーリーグのウォーミングアップでやり始めたのをきちんと競技化したスポーツなのでユニオンが一般的な日本でウォーミングアップやるタッチフットとはルールが大きく異なります。

僕自身も擦り切れるくらいこの動画は見ました笑

ちなみにショーン・ジョンソンはこんなアパレルもやってます!
SJ Shaun Johnson
SetTee-Grey-A_1048x1048
シンプルでかっこいい!今度オーストラリア行ったら買おうかな笑

Shaun_Johnson_PHotosport

そんなショーン・ジョンソンですが2019年シーズンから今まで長くプレーをしていたニュージーランド・ウォーリアーズを離れクロナラ・シャークスに3年契約で移籍しました!

shaun_johnson_sharks
NRLのチームの中ではニュージーランドを本拠地(他は全てオーストラリア)でニュージーランド代表キウイズのスター選手がオーストラリアに渡ってしまったことはニュージーランドのラグビーボーイズ達はさぞ落ち込んだことでしょう

しかも理由がウォーリアーズの監督との確執と噂されますので
今後の展開が気になるところではあります



それではこのへんで!次回も他の選手を取り上げていきますので是非とも見てくださいね♪

#ラグビー #ラグビーリーグ #ラグビーブログ #ステップ #NRL #ブログ #インフルエンサー #Instagram #ybcsportswear #アイランドスタイルトウキョウ